【語録】興禅大燈國師遺誡

【語録】興禅大燈國師遺誡

汝等諸人此の山中に来つて道の為に頭を聚む。
衣食の為にする事なかれ、
肩有つて着ずと云ふ事なく、
口有つて食はずと云ふこと無し。
只須らく十二時中無理會の處に向つて、
究め来り究め去るべし、
光陰箭の如し、謹んで雑用心すること莫れ、
看取せよ看取せよ。

老僧行脚の後或は寺門繁興佛閣経巻、金銀を鏤め、
多衆閙熱 或は誦経諷呪 長座不臥 一食卯斎 六時行道、
直饒 恁麼にし去ると雖も、
佛祖不傳の妙道を以て、
胸間に掛在せずんば忽ち因果を撥無し、
眞風地に墜つ、皆是れ邪魔の種族なり。
老僧 世を去る事久しくとも 兒孫と称する事を許さじ。
或は一人有り野外に綿絶し、
一把茅底 折脚鐺内に 野菜根を煮て喫して日を過すとも
専一に己事を究明する底は、老僧と日々相見 報恩底の人なり、
誰か敢て軽忽せんや。
勉旃。勉旃。

(改行は適当です)
(前半は「示衆」、後半は「遺誡」)


Comments are closed.