涅槃〜自灯明法灯明〜

毎年2月15日にお釈迦さまが亡くなられました。お釈迦さまのご遺徳を追慕し、報恩を誓って日本のお寺で『涅槃会』が行われます。
“ままならないこと”ばかりが目につくけれども、心やすらかに暮らすためにはどうすればいいか。お釈迦様は様々な教えを残してくださっています。

『涅槃会』をきっかけに、あなたが「生きてきたなかで出会った苦しみ」をヒントとしてお考えいただきたい。ご自身と向き合う機会としていただきたい。
「自らを島とし、たよりとして、法(仏の教え)を島とし、たよりとしなさい」と諭します。
「生きてきたなかで出会った苦しみ」へのあなたの対処法(わたしの教え)とはなんでしょうか。・・・乗り越えたのか、やりすごしたのか、打ちのめされたのか。まわりのひとに共有をしなくてもかまいません。
(仏教の基本的な考え方である「①愛別離苦」「②怨憎会苦」「③五蘊盛苦」「④求不得苦」をテーマとして取り上げています。)

  • プレイ人数 2〜6人
  • プレイ時間、対象年齢 空き時間に
  • 価格    イベント価格100円(またはお気持ち:配布されるお寺さまによって値段設定の有無があります)

入手方法について

こちらのお寺さまで配布されています。どうぞお参りください(2021年10月1日以降を予定)。
(状況によりそのお寺さまには在庫が無い場合があります。ご了承ください)

どんなゲームなの?

あなたの「生きてきたなかで出会った苦しみ」「それに対しての対処法(わたしの教え)」について自分と向き合うゲームです。まわりのひとに共有をしなくてもかまいません。

あなたのお寺で配布しませんか

「他人から見たら、くだらないかもしれない...」大丈夫です、その思いを尊重するゲームです。くだらないものなんてありません。
「あなたがそう思っているだけでしょう」と突き放さないように。心をひらいて、沈黙を大切にして、意見を否定しない。

ひとはみな「生きてきたなかで出会った苦しみ」を受けている。人の道をあゆむことを怠らず励んでいる。それがお釈迦さまの亡くなられた日に、考えてほしいことではないか。そんな想いで、このポストカード型お寺ボードゲーム『涅槃〜自灯明法灯明〜』をお作りしました。

2021年お寺ボードゲーム『涅槃〜自灯明法灯明〜』は、「お寺にお参りするといただけるボードゲーム」という企画です。あなたのお寺でも配布なさいませんか?費用はいただきません。

こちらからお申し込みをどうぞ

講演やイベントによる使用例

  • 『涅槃会』に関連した行事の際、お参りいただいた方へ手渡していただく。
  • 墓参や御朱印をいただきにいらっしゃった...など、お寺へいらっしゃった方への施本(手土産)として。
  • 「愛別離苦」「怨憎会苦」「五蘊盛苦」「求不得苦」「涅槃」がテーマなので、法話などにもお使いいただけます。

裏面左下に白スペースがありますので、「配布したお寺のハンコを押す」「イベントのロゴシールを貼る」「メモ」など活用することができます。

内容物一覧

ポストカード1枚


ゲームデザイン・企画 向井真人(陽岳寺
製作協力 ゲーミフィジャパン
イラスト 三上鮎子

[`evernote` not found]

投稿日:

Copyright© ようがくじ「不二の会」 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.